ウォーターサーバーの違いTOP >

硬度が水の味の決め手!

ミネラルウォーターの硬度って?

ミネラルウォーターはカルシウムとマグネシウムの含有率(硬度)によって軟水と硬水に分けられます。硬度の単位は○mg/リットル。

硬水
硬度300以上の水で、カルシウムイオンやマグネシウムイオンが豊富に含まれています。アメリカやヨーロッパの水には硬水が多いようです。

健康維持やダイエット・妊産婦のカルシウム補給、便秘解消・運動後のミネラル補給におすすめです。

中硬水
硬度100〜300未満の水。適度なミネラル量でバランスがよい。海外のミネラルウォーターは中硬水が多い。

しゃぶしゃぶや鍋もの、野菜の下ゆで、洋風だしに使うとよい。

軟水
硬度100未満の水でカルシウムやマグネシウムのミネラル分が少ない。クセがなくまろやかな口あたりで日本人に好まれる。

日本のミネラルウォーターの多くは軟水です。お茶やコーヒー、炊飯、和風だしに最適。

硬水・軟水は用途に応じて使い分ける

お茶:硬度の低い軟水がよい
渋みを和らげ、香りも一段と引き立ち、コクのある味になります。硬水を使うとミネラルがタンニンに反応して黒っぽくなることがあります。

また、水道水は塩素や鉄サビなどの臭いがお茶の香りを打ち消してしまうので玉露や抹茶などの繊細な味わいが台無しになってしまいます。

コーヒー:硬度を抑えた軟水〜中硬水がよい
コーヒーの場合、好みによって使い分けするとよいそうです。軟水ではまろやかで色がよく出てマイルドな味わいになり、各コーヒー豆の持つ独特の味を楽めます。

中硬水のミネラルウォーターを使うと、コーヒーの香りや苦味を引き出せます。豆の種類やローストにこだわる人は硬度100程度の中硬水がおすすめです。

紅茶:軟水がよい(茶葉により硬水もあり)
香りが増し、まろやかでコクのある味に仕上がる軟水が一般的には適しています。ミネラルウォーターのカルシウムやマグネシウムが紅茶のタンニンと結びついて白く濁ることがあるためです。

ただし、茶葉によっては硬水がよいことも。アッサムは硬度300くらいの硬水が向いているそうです。またダージリンは硬度100までの軟水、セイロンは硬度50までくらいの軟水がよいそうです。

お米(炊飯):軟水がよい
炊飯に硬水は使わないほうが賢明です。カルシウムが食物組織を硬化させるので、パサパサのご飯になってしまいます。

また、水道水はカルキなどの臭いが移るうえ、塩素が一部のビタミンを壊してしまいます。お米はとぐ段階で水を吸っているので、できれば研ぎ水にもミネラルウォーターを使うとよりおいしく仕上がります。

ウォーターサーバーで人気はこれ!

家庭用比較:アクアクララアクアクララ

水宅配業界全国シェア!初期費用が最安値
ミネラルをバランスよく配合した、まろやかなおいしい水をウォーターサーバーで!家庭では不可能な高いレベルでろ過した水で安心・安全。電話1本でいつでも送料無料でお届け。飲み終わったボトルも無料回収するのでゴミも出ずエコです。今ならたった1200円で始められます!


ページトップに戻る