テンペのレシピ:更年期に効く大豆イソフラボン食品[通販]

テンペは1日わずか50グラムで1日に必要な量のイソフラボンを摂ることができます。

テンペのレシピ:美味しく食べて健康に!

初めての方へ ご注文方法

テンペ

テンペは別名「食べる女性ホルモン」。更年期に最適

■テンペとは

ゆでた大豆をテンペ菌で発酵させたもの。発祥の地・インドネシアで日常的に食べられており、 その製法が似ていることから、 インドネシア納豆とも呼ばれています。

納豆と聞くと「あの匂いや粘りが苦手」 という方が少なくないのですが、 テンペは匂いも粘りもなく、 かみしめるとしっかりとした豆の味が広がります。おまけに、サッとあぶって醤油をかければ天下一品のおいしさ、 という手軽さも人気の秘密。

■テンペの有効成分、摂取量

テンペは女性ホルモンのバランスを整え、更年期障害に効果のある大豆イソフラボンを豊富に含んでいます。たとえば1日の必要量を味噌汁だけで摂ろうとすると、なんと15杯も飲まなければならないんです。テンペなら、1日わずか50グラムで必要量のイソフラボンが摂取できます。

テンペは薬ではないので「どのくらい食べればどういう効果がある」 といちがいには言えませんが、 研究などからさまざまな健康効果が期待されています。

■テンペの効能

現在、テンペの効能として期待できるものには、更年期障害、コレステロール値の低下、 血栓防止、動脈硬化の改善、ガン予防、高血圧予防、 糖尿病予防などが あげられています。こうしたことから、 テンペを入院患者さんの食事に出す病院もあるほどです。

また、インドネシアでは昔から、下痢や赤痢によいとされてきましたが、 これはテンペの持つ抗菌作用によるものと考えられます。 テンペを食べて実感する効能としては、「便秘改善」 をあげる方が多いようです。

■味は?

味に強いクセがないのもテンペの特徴です。 そのまま食べると「やわらかいカシューナッツ」 などと評する人もいるようですが、 味付けをしていない、ゆでた豆を食べている感じです。 クセがないからこそ、 さまざまな味付けや料理に応用することが可能。 たいていの調味料にあわせることができます。

■匂いは?

発酵食品というと、その匂いに顔をしかめる方もいるのでは? 確かに、納豆をはじめとして、ある種のチーズ、くさやなど、 中には腐臭に近い強烈な匂いを発するものもあり、 好みの分かれるところです。 テンペにはこうした強い匂いはありません。 ほのかにすっぱいような香りがしますが、 ほとんど気になりません。

■どうやって食べるの?テンペのレシピ

最も手軽なのは、 1〜2cmの厚さに切って、 両面をこんがり焼いて醤油をたらして食べる方法があります。香ばしくておいしいですよ。
その他は、 片栗粉をまぶしてテンペ揚げ素揚げテンペのサラダもヘルシー。
かき揚げや炊き込み御飯のもとにも最適。和え物にもデザートにもなります。

【お腹が凹む!?テンペでダイエット大成功!】
某ダイエット番組で穴井夕子さんが『お腹がへこみました♪』とテンペを絶賛!

【関連項目】
大豆イソフラボン





↑先頭へ戻る