コンドロイチンの副作用、コンドロイチンで関節痛&ひざの痛み改善

ライオン ラクトフェリン

関節痛,ひざの痛みにコンドロイチン

初めての方へ ご注文方法

コンドロイチンとは

コンドロイチンは関節痛を緩和し軟骨の再生で節々をサポート

■コンドロイチンとは

コンドロイチンは身体の細胞同士、組織同士を結びつけるムコ多糖類の一種で、主にサメの軟骨などに含まれます。コンドロイチンはひざ関節の軟骨など結合組織の材料として骨の関節部分にも多く含まれ、潤滑油の役割をしています。

■コンドロイチンは中年期に減少

コンドロイチンは加齢とともに減少してしまう成分です。コンドロイチンが減ると油が切れた機械のように体のあちこちのきしみが生じ始め、歩くたびに膝が痛くなります。また肌の乾燥・シワの原因にも。コンドロイチンはグルコサミン同様、身体の外から補う必要があります。

■コンドロイチンの効果

コンドロイチンには次のような効果があるとされています。
・関節痛(ひざ・ひじ・腰など)の症状を緩和、改善
・軟骨の再生
・肌の保湿、弾力性の回復

■コンドロイチンの副作用

コンドロイチンは健康食品であり、適正な摂取量を守っている限りは、特に副作用は認められていませんが、医薬品を服用している方は、医師・薬剤師にお尋ねください。

【グルコサミン コンドロイチンとMSMは最強のタッグ!】
MSMは松や杉など針葉樹から抽出される天然の有機硫黄で、グルコサミン コンドロイチンと併用することでさらに関節痛に対し相乗効果を発揮するといわれています。

【関連項目】
グルコサミン
ヒアルロン酸



↑先頭へ戻る