アメリカンチェリー(タルトチェリー)で痛風予防

ライオン ラクトフェリン

アメリカンチェリー(タルトチェリー)で痛風予防

初めての方へ ご注文方法

ラクトフェリンはライオンが人気!
アメリカンチェリー(タルトチェリー)とは

アメリカンチェリー(タルトチェリー)を飲み続けて痛風が改善

アメリカンチェリー(タルトチェリー)の効能

アメリカンチェリー(タルトチェリー)には痛風の原因である尿酸を血液中から排出する効果があるそうです。アメリカンチェリー(タルトチェリー)のどの成分が効くのかはまだ未解明)摂って3〜5時間で効き目があるという即効性もあるそうです。1日1杯、3ヶ月ジュースを飲み続けたところ、痛風による足先の痛みが改善したという例も。

アメリカンチェリー(タルトチェリー)の摂取量は?

アメリカンチェリー(タルトチェリー)の果実280gで15%尿酸値が下がった、とTVでは放映されていました。しかしチェリー280gは量としては多いので、濃縮ジュースやサプリメントなどで摂るのがおすすめ。

アメリカンチェリー(タルトチェリー)とは

アメリカンチェリー(タルトチェリー)は、「痛風に効く民間薬」としてアメリカでは知られています。お店では濃縮ジュースやサプリメントとして多く販売されています。  

アメリカンチェリー(タルトチェリー)の成分

アメリカンチェリー(タルトチェリー)の赤い色は「アントシアニン」という抗酸化物質。炎症を引き起こす酵素を抑える効果に優れ、チェリーを食べることで痛みを予防・改善すると言われます。特に痛風、関節炎などへの効果が期待されています。

またアメリカンチェリー(タルトチェリー)にはガンを予防する成分も含まれます。アメリカンチェリー(タルトチェリー)に含まれるエラグ酸は、ガンの予防作用、がん細胞の増殖を抑える働きがあると言われます。

アメリカンチェリー(タルトチェリー)に含まれるペリリル・アルコールもガンを抑制する成分と言われます。アメリカのアイオワ大学の研究者によると『ペリリル・アルコールは、ガン細胞の成長に必要なタンパク質を利用できないようにして、ガン細胞の成長を止める作用がある』とその効果に期待をよせています。


>>楽天市場でお買得なアメリカンチェリー(タルトチェリー)を探す





↑先頭へ戻る