青汁の効果:ケールや明日葉、大麦若葉が人気!

ライオン ラクトフェリン

青汁の健康効果:ケール・大麦若葉・明日葉など

あるある放映済分初めての方へご注文方法メルマガ登録・解除

青汁とは

青汁は健康維持の定番。「う〜ん、マズい!」はもう古い!

■青汁ってどんなもの?

青汁とは「生の緑黄色野菜をすりつぶして搾ったしぼり汁」のことです。ひとくちに青汁といっても、使われる原料によって、含まれる栄養素やその効果は様々です。一般的な栄養素としてはビタミンA、ビタミンC、β-カロチン、食物繊維、カルシウム、葉緑素などがあり、他の食品に比べても健康食品として優秀です。

■青汁ってやっぱりマズい?

TV番組でよく罰ゲームとして青汁を飲まされる場面を見て、青汁ってマズいんだな、と思っている人は多いと思います。実際青汁はおいしいとは言えません。好みの違いもあるのでおいしいと思っている人も中にはもちろんいますが、飲みにくいのが現状です。

しかし最近は飲みやすいように抹茶などの味に加工されている商品も多いので、以前青汁を飲んでマズかった、という人も、色々なタイプの青汁にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

【青汁を美味しく飲む方法】
青汁は豆乳と相性がよく、豆乳に混ぜて飲むという方も多くいます。 (実際、青汁豆乳飲料も各社から数多く発売されています。) 豆乳には最近話題の栄養素「大豆イソフラボン」も含まれていますので、この組み合わせはまさに最強のヘルシー・タッグ。

■青汁の効果は?

青汁は原料によって効能が違いますので、自分に合った青汁を選ぶことが大切です。以下に原料別の特長をご紹介します。

ケール 人気!
大麦若葉人気!
いぐさ
明日葉(あしたば)人気!
緑茶
ゴーヤー
桑の葉
よもぎ



★青汁 種類別効果

■ケール
キャベツの原種と言われており、青汁の原料としてもっともポピュラーなもの。
【成分・効果】

ビタミンA、B1、B2、Cやミネラルをバランスよく含む。含有するインドール類やイソチアート類に抗癌作用、抗酸化作用、ストレス軽減作用。S-メチルシステインスルホキシドにはコレステロール上昇を抑制する効果。
【味】青汁そのものはキャベツの青臭さを強烈にしたような味。
【こんな方に】体のバランスを整えたい方。日々の健康維持に。

■大麦若葉
大麦が20〜30センチに成長した若葉のこと。この時期の大麦若葉は成長期ということもあり、栄養分を豊富に含んでいる。ケールに次いで青汁の原料としてよく使われる。
【成分・効果】

ビタミンCはほうれん草の30倍、β-カロチンは6倍、カルシウムは10倍。他にも亜鉛やマグネシウム、鉄などのミネラルも含む。とくに食物繊維とカロチンは他の緑黄色野菜と比べても圧倒的に多く含まれる。コレステロールの体内蓄積を抑制する効果、中性脂肪を減少させる効果。
【味】ケールに比べるとクセのない、飲みやすい味。
【こんな方に】普段野菜不足の方や便秘気味の方、食生活が不規則な方。

■いぐさ
最近、青汁の中でもっとも注目されているのがこのいぐさ。畳の原材料として知られる。
【成分・効果】
ケールの5倍、赤ワインの30倍の活性酵素消去作用。レタスの40倍の食物繊維を含む。O-157やサルモネラ菌に対する抗菌作用。
【味】いぐさ独特の匂いはまったくといっていいほどなく、ケールより比較的飲みやすい味。
【こんな方に】食生活の不規則な方、外食が多い方。抗菌作用が強いのでお腹の弱い方や食中毒の季節などに最適。

■あしたば(明日葉)
健康だけでなく美容にも積極的な効果がある機能的な青汁として注目。
【成分・効果】

特有成分「カルコン」にセルライト(お尻や太もも周りの脂肪の塊)を分解する効果。カロチン、ビタミンB、カリウムなど各種栄養素がバランス良く含まれる。
【味】セリ科の植物特有のセロリを苦くしたような味。
【こんな方に】生活習慣病を気にしている方、ダイエット中の方、むくみや冷え性の方。

■緑茶
大麦若葉などの青汁に、緑茶をそのまま粉末にして加えたもの。
【成分・効果】

緑茶に含まれるカテキンには、抗酸化作用があり、体の細胞の老化を防ぐ作用があります。
【味】青臭さを、緑茶の風味で消しているためまろやかな味わいで、ふつうのお茶感覚で飲める。習慣にしやすい。
【こんな方に】美容と健康を意識している方。青汁を生活習慣として取り入れたい方。

■ゴーヤー
ゴーヤーはニガウリという名でも知られ、沖縄を代表する栄養豊富なヘルシー野菜。
【成分・効果】

ビタミンC、A、食物繊維、カリウム、カルシウム、β-カロチンや各種ミネラルなどが含まれる。独特な苦味には、食欲増進または血糖降下作用、血圧降下作用、ガン予防、目の健康または、利尿効果、生活習慣病。最近では、種子に脂肪分解や脂肪をつきにくい体質にする効果があることが判明。
【味】ゴーヤー特有の苦味も多少あるが、思ったよりくせがなくお茶感覚で飲める。
【こんな方に】糖尿病や高血圧の方、ダイエット中の方。

■桑の葉
古くから漢方薬の原料として、風邪の咳や高血圧、糖尿病の予防、滋養強壮などの目的で利用されてきた。
【成分・効果】

フラボノイドや葉緑素が含まれており、生活習慣病予防の効果。桑葉の特有の成分“DNJ(1-デオキシノジリマイシンに血糖値の上昇を抑制する作用のあることが発見され、糖尿病予防やダイエットに効果的。
【味】比較的飲みやすい。抹茶の味に近いともいわれる。
【こんな方に】ダイエットを心がけている方。コレステロールの気になる方。糖質や脂質が気になる方。

■よもぎ
よもぎは他の植物とは違い暖める性質を持っている。漢方では気血・経脈を温め、寒湿をとり、冷痛を止める働きをするといわれる。
【成分・効果】浄血・補血作用、吐血、下痢、神経安定、保温効果、抗がん作用。よもぎは他の葉緑植物と比べて良質の葉緑素(クロロフィル)が抜きん出ており、汚れた血をきれいにするといわれています。
【味】青臭さや嫌な味がなく、ヨモギ団子の香り。後味が爽快で飲みやすい。
【こんな方に】ケールは体を冷やしてしまうので、冷え性や貧血などでお悩みの女性に。


↑先頭へ戻る